こちらのページでは島の恵みのひとつである淡路島のお魚についてご紹介いたします。

鯛 瀬戸内海に面する淡路島は明石海峡、鳴門海峡で新鮮な身のしまりが良い上質な天然鯛が水揚げされます。
特徴として身は締まっており、味のきめが細かく、骨は柔らかく、皮が薄いと言われております。
天然物は特に身に粘りや歯ごたえがあり、甘みが多く感じられます。
ちなみに鯛は平らだから鯛だそうです。


鱧 初夏から秋が旬の淡路島の鱧は海峡の速い潮流で身が引き締まり、小顔でスタイルが良く、豊富な餌のおかげでコクがあり、肉質が良いとされ京都や大阪で珍重され祇園祭や天神祭りになくてはならないお魚として愛されています。
また生命力の強い鱧は滋養食とされコンドロイチンやビタミンAが豊富で美容にも良いとされています。
ちなみに鱧は攻撃的なお魚でよく噛みつくので”食む”が訛って”ハモ”と言うそうです。

PAGE TOP